今日も、今日とて・・・

koshiが好奇心の向くままにあれやこれやと見たり聞いたりやったことをここに綴っていきます、

三式戦 飛燕見に行く

大変です!   
トム・クルーズとも同い年だったことが判明いたしました!
このことを女性に話すとたいがい曇った表情をされてしまいます・・・
土台、比較すること自体が間違っておると思いますが!




てなわけで本題に・・・

最近、旧日本軍の戦闘機がヤフオクに出品され話題になっておりました。
普通の人には「ふ〜ん・・・」な話題ですが、その辺りの事情を知っている人にすれば興奮を覚えてしまえるくらいの事件だったんです。




で、実機の事を調べると現存数はたったの1機!  
最近、岐阜各務原でレストアされ公開されている!   
あらま意外と近くにあるじゃない!





三式戦飛燕は「かかみがはら航空宇宙博物館」で展示されているんですが、現在本館を工事している所でして収蔵庫で分解状態の機体を見せてくれているんだそう。
これまた興味をひかれますな。
ツーわけで、旧日本軍研究家のタケちゃんと見に行くことにしました。





とうちゃこ・・・(自転車できたわけではありませんが)



もちろんと言うか、三式戦がメインの展示となっております。




戦後、あちこちで展示され雑な扱いをされてきた機体を川崎重工の記念イベントとして本格的にレストアされ出来るだけ当時の形に戻されたそうです。





計器盤




エンジン

三式戦の成り立ちのキモとなるエンジンです。

このエンジンの構成にはまあビックリですわ!



液令式(水冷と油冷の組み合わせ)

倒立V12気筒!(シリンダーが下向きV型なんて初めて見た!)

4バルブ!(2バルブが当たり前の時代に!)

スーパーチャージャーで過吸!(液体カップリングでの回転数制御まで!)

気筒内直接燃料噴射!(直噴エンジンなんて車でも近年のこと)

空冷式ツインプラグ!(実は一個のプラグでは信頼性が確保できなかった)




当時の日本の技術枠を大きく超えた超先進的な内容の発動機でした。
とも言うのももともとドイツで設計されたものをライセンス生産されたという事。
当時の日本の工業レベルでは部品の精度が出せないのと素材が確保できず当初目指してんでいた性能と信頼性が発揮されなかったそう。
故に低い評価を背負ってしまった経緯があります。
正にこのエンジンが三式戦のすべてのキモだったわけで・・・




日本陸軍の偉い方がメッサーシュミットを見て欲しくなっちゃったんでしょうね〜
日本の工業レベルを顧みずに作らせて大失敗。それが三式戦の評価そのままとなっています。



ラジエター


スーパーチャージャー




プロペラとスピナー





機体

胴体後部に米空軍のマークが・・・プロジェクションマッピングで投影されておりヒノマルにも変わります。





主脚




表面の仕上がりがデコボコなのは学生さんが動員され慣れない作業の為だそうです。





私などの事情に詳しくないものは稼働できるまで直して飛ぶ姿を見せて欲しいと思ってしまいますが、この個体はここまでで屋内で展示されるそうです。



今回は分解された状態を見ることが出来ましてそれはかなり興味深く勉強にもなりました。
来年3月には本館がリニューアルオープンされ、三式戦と零戦がならんで展示されるそうです。
又、その時を楽しみに待ちましょうかね。

2016岐阜基地航空祭(後編)

午前の部を終わり、休憩が入ります。 



メイン会場へと移動していきます。

遥か彼方へとぶらぶら歩いていきます。

やっぱ遠いで・・・




今回のミッションは二つ・・・その一つは「先進技術実証機」をこの目で確認すること。

だったんですが・・・3時間待ちですか!
並ぶのが大嫌いな私は、瞬時に諦めましたよ。




遠目に何とか見ることが出来まして

これにて納得することにしました。まあ皆さん考えることは一緒なんですね。




お次はCX-2  まあデカいこと!

見慣れたC-1輸送機よりはるかにデカイっす  これならたくさん運べますね。



米空軍のF-16  2機来てたんですね。

風防の前側が一体になっていてカッコいい!
主翼のついている位置が前後上下とも真ん中に付いていて見た目のバランスも良いんだな。




F-2F-15をとばしてF-4ファントム   今回の第二のミッションはこれをしっかり見ておくこと・・・こいつは無骨さが魅力ですね。

こいつが見られるのはいつまでなんでしょう?


バルカンがちらりと覗いています。

バルカン付いていると機首がより下がって見えて(抑揚が付いて)カッコいい!


エプロンに展示されているのと格納庫のと合わせると4機確認。


異機種編隊が始まりました。(写真がシルエットになるのはご勘弁ください)

CX-1、T-4、F-4、F-2F-15とそろい踏み!  スゲー!!


個々の機体が上がってからフォーメーション組んで戻ってくるのが速いんだよね。


流星をイメージしたフォーメーション

返す返すも豪華な顔ぶれです。


CX-1が単機で機動を見せてくれます。

けっこう元気な動き見せてくれました。







T-4高等練習機

家の近くをよく飛んでいて親しんでいる機体





F-4ファントム

子供のころ憧れた戦闘機です。





F-2

やっぱバランスがいい機体だ


F-15

正端なな形をしていてカッコいい




いや〜 一日中興奮したり、感動したりでずっと楽しめました。
ありがとう岐阜基地!!

2016岐阜基地航空祭

行ってきました岐阜基地航空祭
いや〜 最初に言ってしまいますが、観てきたものが濃すぎて 書ききれませんわ。 



ではぼちぼちと・・・


ちょっと早めに付いたつもりだったんですが、入り口の前からずっとずっと長い列が続いておりまして・・・入口のセキュリティチェックを一人一人やっているんで入場までの時間がかかってしまっているんですね。

列に並んでいるうちに天候偵察が始まってしまいまして・・・
T-4、F-4、F-15が次々に離陸して上空をぐるぐる旋回し始めます。
これが天候偵察なら各務原市民の皆さんは朝から轟音でたたき起こされ・・・いや!シャキッと目が覚めることでしょう!  

ド派手な天候偵察で始まり、岐阜基地の業務を再現していくんですね。



やっとこさ入場しました。

おかしな行動すると、あのトンカチでお仕置きされ・・・とりあえず南会場へ・・・人が少ないこの時点で買い物を済ませておきます。



小牧基地から飛来したC-130

他では抗過だけしか見れないんですが、岐阜ではけっこうな機動を披露して楽しませてくれます。


同じく小牧のKC-767

F-15F-2引き連れて空中給油のデモやってます。 
ここは何やっても豪華な顔ぶれですね。
この後KC-767は機動飛行を披露していきます。しかも何度もまわって見せてくれます。  いいね〜岐阜基地。他じゃこんなの見れないよ。



飛行開発実験団の小編隊。

小編隊つったって豪華な顔ぶれなんです。  

しかも一機づつ離陸の度に機動を披露してくれるんで心行くまで飛ぶ姿を楽しめますです。

いいね〜岐阜基地。サービス精神旺盛です。



CX-2ですね。この6月に1機目が自衛隊に納入されたそうです。

日頃の訓練模様を実演して見せてくれました。
カッコいい輸送機です。



午前のトリなんですが、プログラムを見てビックリ!
「米空軍、アクロ、F-16」と書いてある!!



米空軍つったらあれですよ、三沢基地から来たんでしょうか? 航空祭ではつと見かけたことがありませんが・・・
アクロつったら悪路じゃなくてアクロバット即ち曲技飛行のこと。
航空自衛隊では展示飛行と穏やかな言い回しですが、流石というか「曲技飛行」と言ってしまう処からしていやがおうにも期待せずにはいられません。



いや!  ほんとすごかったあ!!   曲技だわ

(動画お借りします)

これまで見てきたのとは違うね!   
動きが激しいし、キレがあるし、緩急付いてるし、高低差あるし、見たことない動きするし。
米軍恐るべし!


これにて前編終了!

1016 エアフェスタ 事前

エアフェスタ浜松のブルーインパルス予行を見に行ってきました。


ブルー始まる前にざっと地上展示を見ておく。



エアフェスタ記念塗装機。

機体の上側をグレーに・・・機首に目が掛かれています。
ウナギをモチーフにしているんだ!




ラダーには鍵盤が・・・楽器の街でもありますからね〜浜松は。



T-38 きれいにレストアされていて目を引きました。

古い機体をレストアして展示っていいですね。




百里の偵察ファントム

無骨なファントムが好きだ〜!




T-400

スマートだ・・・



浜松のT-4は今日はお休みです。

キャノピーにシートが掛けてあるのは初めて見ました。



消防車もじっくりと観察できました。




ブルーの演技もじっくり楽しめました。



1区分でしたが雲のせいで一部の科目を随時変えながらの展示飛行でした。
それも楽しめるようになってきたよ。




ありがとう!浜松基地




おしまい〜

浜松エアパーク、ブルー観に・・・

3連休最終日。 予定もなく朝からぶらぶら自転車散歩していました。



ブルーインパルス芦屋基地からの帰りに浜松基地に寄るという情報を得たので、見に行くことに・・・浜松基地はブルーの中継場所になっているのでちょくちょくお目にかかれます。でも中々いける機会が無いんだよね。

エアパークについてすぐAWACSが離陸していきました。

北方面の祝賀ミサイルの警戒に行くんでしょうか?




受信機持ってきたんだけど、バッテリー切れ・・・航空機の出入りの情報がさっぱりわからんので、じっと待つしかありません。
こういう時はマニアの方の動向に注視しております。
カメラを出して構えたら動きが始まると・・・



10時丁度に飛来。一機づつ着陸。


整列


キャノピー開けて手を振りながらエアパークの前をパレード。




午後になりランウェイチェンジしていたので、またもエアパークの前でお手振り行進していきました。

   ラッキー!


今年初めてのブルーを見ましたが、華やかでいいですね。ほかの来館者の方々も楽しんでおられました。


来週は浜松基地エアフェスタのこころだ〜‼



あっ 日曜はWECにもいかなきゃ!

静浜航空祭 2016

いや〜 航空祭のシーズン突入ですな。
つ〜わけで 第一弾、静浜基地に行ってきました。



静浜といへば・・・T-7練習機です。

オープニングからいろんなフォーメーションを見せてくれました。




浜松基地のT-4 日ごろ近所の空を飛んでいるのを日常的に見ていますが、機動飛行は一味違うわ!
お見せできる画像は取れてませんでした。ここは写真撮るのが難しいなぁ
以下も影のような画像が続きます。すんません・・・



ばくおんマシーンRF-4にはしびれます。この先いつまで見れるか・・・





C-130はゆったり海原を泳ぐクジラみたいだ。





小松からのF-15

今年は小松基地にアグレッサーが移動したので、もしかしてきてくれるんじゃないかと淡い期待を抱いていたんですが・・・甘かったわ。
フォーメーション変えて3パスしただけ・・・いやいや、航空自衛隊はショーがお仕事ではないので、勝手な贅沢言ってはいけませんね。
自衛隊の皆様にはお仕事頑張っていただきたい。どこそこが核持ったとか、領海侵犯を度々しているとかね、不安なニュースが多いこの頃。本当にそう思います。





静浜T-7再登場
カッコいいウォークダウンから見れました。

敬礼シーンが好きです。

速度が遅く見えるけど、結構シャープな機動です。



T-7Jrをじっくり見るのは初めてです。

イヤ!中々楽しめる内容です。



ここまで見てお昼になりまして、午後の部はプログラムが間延びしていたんで帰投することにしました。





久しぶりの航空祭静浜基地独特のまったり雰囲気に包まれ、のんびり楽しめました。
ありがとう!静浜基地!!

浜松基地前日見学会見聞録

浜松基地エアフェスタ(基地際)は明日日曜なのですが、前日見学会に行ってきました。(入場には制限があります)




前日も結構な人出・・・現地に着いたころにはT-4が大編隊の展示をするため離陸する所でした。浜松基地のウリはT-4の大編隊でして14機がエンジンを始動して次々に離陸するさまは壮観です。



暫くすると陸自ヘリが展示飛行。

天候偵察ヘリだそうですが機動は見事でした。



逆光で真っ黒になってしまいます。




今年のT-4大編隊は「美保の松原から見た富士山」綺麗なフォーメンションでした。


60周年記念塗装機です。


チェッカー、ブリンク、一機ずつ展示してありました。





そしてブルーインパルスの予行となります。

予行なのでフライトスーツが本番の展示とは違いますね。去年は青いスーツだったけど今年は緑でした。
 


ブルー日和の空に1区分!

雲ひとつ無い青空にハートが描かれ矢が貫きます。

あぁ今日も来てよかったわ〜




小松基地で撮った写真に隊員さんのサインを戴きまして・・・これが今回のミッションなんです。

どの写真にサインを戴こうか悩みました。
来年の航空際シーズンまでこれをリビングに飾っておきます。この写真を見るたびに気持ちが引き締まるんですよ。







関係者の皆様ありがとうございました。